宮古島でおすすめの食べ物とは?

一番のおススメは、宮古そば!

観光で宮古島に行ったら、宮古島でしか味わえない郷土料理に挑戦しましょう。
一番のおススメは、宮古そば。「そば」といっても、そば粉を一切使用せずに小麦粉のみで作られ、かん水を加えて麺を打ちます。「そば」というよりも「中華麺」のようですが、茹でた後に油処理するので、ラーメンとは明らかに食感が違います。沖縄本島で食べられる沖縄そばは少し縮れた太麺ですが、宮古そばは縮れのない平麺を使用します。具の入れ方も独特で、そばの上に具をのせるのが沖縄そばで、宮古そばは麺の下に隠すように具を入れます。具として用いられるのは、かまぼこ、三枚肉、野菜などです。かつお節とソーキの出汁が基本で、沖縄そばに比べるとあっさりした味です。

牛汁、イラブー汁などの汁物もおススメ!

宮古島の郷土料理で2つ目のおススメは、牛汁。牛の尻尾でつくるテールスープとは異なり、ぶつ切りにした牛肉に宮古味噌で味をつけて作ります。和牛がとろけるほど煮込んであり、コクのあるスープです。ご飯にかけて食べてもおいしい一品です。豚の骨付きあばら肉を沖縄ではソーキといいますが、ソーキと冬瓜を煮込んだソーキ汁も良いですね。汁物には他にも、山羊汁、イラブー汁などがあります。イラブー汁とは、燻製にしたウミヘビを時間をかけてもどし、島豆腐や野菜などと煮込んだものです。いずれの汁物も、具たくさんのスープなので、メインにもなる郷土料理です。
他にも宮古島には、本土の木綿豆腐よりも硬くて型くずれのしにくい島豆腐や、ゴーヤチャンプルーなどのいろいろなチャンプルー料理があります。